iPhoneバッテリー劣化診断

​iPhoneバッテリーの劣化診断ができるようになります。2018年2月21日現在、iOSの正式リリースバージョンはiOS11.2.6ですが、iPhone修理プロ・ファイナルリペアではいち早くiOS11.3(画像①)を独自に入手し、所有のiPhone6SとiPhone6にインストールしテスト稼動を行っています。(2018年3月29日正式リリー氏となりました。)「iOS11.3ではiPhoneユーザーご自身でiPhoneバッテリー劣化診断ができる機能が搭載され、iPhoneバッテリーの状態が把握できるようになります。iPhoneバッテリーの現在における最大容量を確認できる為、iPhoneバッテリーの交換が必要かどうかユーザー自身で判断できるようになります。また、iOS11にはiPhoneのピークパフォーマンス時にiPhoneバッテリーが必要な電力を供給できない状態になった場合に、突然のシャットダウンを防ぐ為の処置として、パフォーマンス処理能力を意図的に落とし、iPhone本体、およびデーターなどが破損するリスクを回避するプログラムが組まれています。(iPhone6以降の機種)この状態になった場合、iPhoneの動作が重くなったり等の症状が出ます。このプログラムがユーザーの誤解を生む事になるわけですが、アップルはiOS11.3でピークパフォーマンス時に突然のシャットダウンを防ぐ為のプログラムを有効にするか、無効にするかをユーザー自身で選択できるような機能を追加しています。iPhone修理プロ・ファイナルリペデで独自に入手し、インストールしたiOS11.3ではiPhoneバッテリーの最大容量の表示はあるものの、iPhoneバッテリー充電のサイクルカウントの表示はありません。iPhoneのオペレーティングシステムであるiOS11.3が正式リリースされる事により、iPhoneバッテリーの状態を一部確認できる事は、iPhoneユーザーにとってメリットが高いと言える事でしょう。また、この事により、中古バッテリーを「純正の新品バッテリー」と偽る業者、または、新品のバッテリーかどうか検品検査していないiPhone修理店等、そうしたiPhoneバッテリーをお客様に供給している一部のiPhone修理店は誤魔化しが効かなくなる事につながります。iPhone修理プロ・ファイナルリペアではこのiPhoneのバッテリーに関する機能は大歓迎で、仕入れたiPhone高品質バッテリーの検品検査の効率が上がる結果となっています。

実際に、iPhoneのバッテリーの劣化が進み、通常使用に支障が出るくらいのiPhoneバッテリーの場合、「最大容量」の数値が低くなります。この数値は、iPhoneバッテリーの充電量表示が100%であっても実際の充電能力は「最大容量」の数値以下の充電能力しかない事を示しています。右の画像②(最大容量51%)はiPhone6バッテリーの劣化(サイクルカウント1289)が進んだバッテリーを装着し表示したものです。右の画像③(最大容量100%)はiPhone修理プロ・ファイナルリペアで使用している高品質iPhoneバッテリー(新品)を装着し表示したものです。iPhone修理プロ・ファイナルリペアで使用しているiPhoneバッテリーがiOS11.3で正しく認識され、iPhoneバッテリーの新品時の最大容量が100%と表示されiPhoneのピークパフォーマンス性能欄でiPhoneのピークパフォーマンス時に対応している事が表示されています。これは、iPhone修理プロ・ファイナルリペで使用しているiPhoneバッテリーが純正バッテリー同等の性能を持ち正しく稼働する事を表しています。iPhoneバッテリー交換は高品質iPhoneバッテリーを供給できるiPhone修理プロ・ファイナルリペアへ安心してお任せください。

iPhoneバッテリー劣化診断の手順

​iPhoneバッテリー劣化診断はiPhoneアプリ「設定」→「バッテリー」→「バッテリーの状態」とタップしていきます。

​iPhoneバッテリー劣化診断はiPhoneアプリ「設定」→「バッテリー」→「バッテリーの状態」とタップしていくと右のような画面になり、iPhoneバッテリーの「最大容量」の確認と「ピークパフォーマンス性能」でピークパフォーマンスの管理を「無効」にするかそのまま「有効」にしておくかの選択ができます。「無効にする....」をタップする事により確認画面が出て選択するようになっています。有効にしておきたい場合は「オンのまま」をタップします。ここで、ピークパフォーマンスの管理を無効にした場合で、その後iPhoneの突然のシャットダウンが起きた場合には、自動でパフォーマンス管理がオンになります。無効にしたい場合には同じ手順を繰り返す必要があります。

​最大容量の数値はiPhoneを使い続ける事により、数値が下がってきます。最大容量の数値が70%台になるか、ピークパフォーマンス性能のメッセージを確認する事によりiPhoneバッテリー交換の目安を確認する事ができるようになります。

​尚、これらの機能が使用できるのはiOS11.3がリリースされてからとなります。2018年2月21日現在はiOS11.2.6が最新バージョンとなります。

​iPhoneバッテリー劣化診断でのピークパフォーマンス性能欄で、iPhone8以降の機種では、パフォーマンス管理を「無効」または「有効」にする機能はありません。アップルはiPhone8以降にこの機能は必要としないと判断したようです。iPhone8以前の機種でiPhone6までの機種に限定してこの機能がある理由は、iPhone6以降でiPhoneのピークパフォーマンス管理を有効にすると、iPhoneの一部の動作が重くなり、本来の処理スピードが遅くなるので、その選択をユーザーに選択できるようにしたものです。iPhoneのパフォーマンス管理を「無効」にするとiPhoneのピークパフォーマンスに必要な電力が供給されない場合、iPhoneの予期しない突然のシャットダウンが起こります。この現象により、iPhoneのデーターの喪失や本体が故障するリスクが高くなります。iPhone修理プロ・ファイナルリペアではiPhoneのピークパフォーマンス管理を「オン」にしておく事を強くお勧めしています。

iPhoneバッテリー交換修理の目安

​iPhoneのiOS11.3が正式リリースされる事により、iPhoneユーザー自身がiPhoneバッテリー劣化診断をできるようになりますが、具体的にどのような状態でiPhoneバッテリー交換が必要なのか、おおよその目安をここでお伝え致します。

iPhoneバッテリーを100%まで充電したにもかかわらず、充電の減りが早いと感じた場合や、突然のシャットダウンが起こったり、iPhoneのパフォーマンスが遅くなったと感じた時に、iPhoneバッテリー劣化診断を参考にしてください。その場合で、「最大容量」が70%台以下を示している場合に、iPhoneバッテリーの異変を感じる事が多いようです。iPhone修理プロ・ファイナルリペアで収集しているiPhoneバッテリーのデーターによれば、「最大容量」が70%以下を示している場合に、そのiPhoneバッテリーの充電サイクルカウントは500を軽く超えている場合がほとんどです。「最大容量」が70%台を示しておらず80%以上を表示している場合で、iPhoneの充電量の減りが早い等を感じた場合は、システム的な問題がある可能性が高く、どのアプリが最も電力を消費しているか確認すると共に、iPhoneを快適に使用するためにを参考にする等、iPhoneを適切な設定に戻す事で改善される事が多いです。また、ごく稀にある原因としてiPhoneの漏電ということもあります。iPhoneバッテリーのハード的な問題で出る症状の詳細は、iPhoneバッテリー交換修理で詳しくご案内しております。

アップルでのiPhoneバッテリー交換との違い

アップルではiOS11にてiPhoneのピークパフォーマンス時に必要な電力がiPhoneバッテリーより供給できない場合に、iPhoneを守るためにiPhoneの一部の性能を落とし、iPhoneの突然のシャットダウンを回避するプログラムを組んだのですが、それが一部のユーザーに誤解が生まれ、海外では裁判になってしまっている事から、誤解を解消するための対応として2018年期間限定で、iPhone6以降の機種について、アップルでのバッテリー交換を通常¥8,800(税別)を¥3,200(税別)で実施しています。これは、iPhoneユーザーにとってありがたいことですね!ただ、現実的には、iPhoneバッテリーの生産が追いつかず、在庫がない場合もあるようです。また、iPhoneバッテリー交換には直接アップルストアやサービスプロバイダーに出向くことが必要で、なお且つ、事前の予約が必要です。また、iPhoneの初期化を条件とする場合やiCloudからログアウトした状態でのiPhone受け渡しが必要のようです。

iPhone修理プロ・ファイナルリペアでは、現在、バッテリー交換修理金額を期間限定で大幅に値下げ致しました。そして、iPhoneバッテリー交換対応をデーターそのままで、即日対応しています。iPhoneバッテリー交換修理の所要時間は最短で10分〜iPhoneバッテリー交換可能です。iPhoneバッテリー交換修理キャンペーンの詳細はこちら。使用するiPhoneバッテリーは純正同等の高品質iPhoneバッテリー使用をお約束していますので、安心してiPhone修理プロ・ファイナルリペアにお任せ下さい。iPhone修理プロ・ファイナルリペアでのiPhoneバッテリー交換の詳細はiPhoneバッテリー交換​修理を参照ください。

iPhoneバッテリー交換出張修理エリアは東京の青梅羽村瑞穂町福生昭島あきる野日の出町立川武蔵村山東大和小平国分寺八王子・埼玉・飯能入間狭山所沢近郊出張修理エリアに対応致します。iPhone出張修理対応エリア外のお客様は、一度、ご相談ください。出来る限りの対応をさせて戴きます。また、iPhone修理プロ・ファイナルリペアは業者様へのiPhone修理出張修理対応を長年行っています。最も品質を重視する業者様への対応は、対応エリアに関係なくiPhone修理対応しております。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・ご依頼はお気軽に

iPhone修理のお客様でiPhone修理についてのお問い合わせやご依頼は、お気軽に☎︎050-3636-8181へお気軽にお問い合わせください。又、24時間受付のCONTACTよりお気軽にどうぞ。確認ができ次第、できる限り早めに返信いたします。お急ぎの場合は、お電話にてお願い致します。尚、CONTACTよりお問い合わせ・ご依頼を戴いた場合の返信にはiphone-repair.meまたはicloud.comドメインでの返信となります。受信できる様に設定をお願い致します。又、iPhone修理についてのよくある質問がQ&Aにて参照戴けます。iPhone修理金額については下記又は、iPhone修理金額を参照ください。iPhone修理プロ・ファイナルリペアは明確な税込総額表示でのご案内を実施しています。24時間受付iPhone修理お問い合わせ・ご依頼専用ホーム

iPhone修理のiPhone修理ご依頼電話番号

iPhone修理対応機種

​価格は画面割れ修理金額です。液晶に損傷がある場合には価格は異なります。

iPhoneXバッテリー交換修理金額

iPhone X

​準備中

iPhone6Plusバッテリー交換修理金額

iPhone6Plus

バッテリー交換

iPhone8Plusバッテリー交換修理金額
iPhone8バッテリー交換修理金額

iPhone8

​要予約

iPhone8Plus

​要予約

iPhone7Plusバッテリー交換修理金額

iPhone7Plus

バッテリー交換

iPhone7バッテリー交換修理金額

iPhone7

バッテリー交換

iPhone6sPlusバッテリー交換修理金額
iPhone6sバッテリー交換修理金額

iPhone6s

バッテリー交換

iPhone6sPlus

バッテリー交換

iPhone6バッテリー交換修理金額

iPhone6

バッテリー交換

iPhoneSEバッテリー交換修理金額

iPhoneSE

バッテリー交換

iPhone5sバッテリー交換修理金額

iPhone5s

バッテリー交換

iPhone5cバッテリー交換修理金額

iPhone5c

バッテリー交換

iPhone5バッテリー交換修理金額

iPhone5

バッテリー交換

​iPhone修理内容一覧

iPhone画面割れ修理
iPhoneバッテリー交換修理
iPhone水没修理
iPhoneボタン修理
iPhoneライトニングコネクター修理
iPhoneバックカメラ修理
iPhoneフロントカメラ修理
iPhone近接センサー修理
iPhoneイヤースピーカーの修理
iPhoneラウドスピーカーの修理
iPhoneバイブレーターの修理
iPhoneイヤースピーカーの修理
iPhone自己修理失敗
  • Facebook Social Icon

iPhone修理青梅羽村瑞穂町福生昭島あきる野日の出町立川武蔵村山東大和小平国分寺​・八王子飯能入間狭山所沢近郊出張修理

Copyright(C) 2007  Final Repair All Rights Reserved.https://www.050-3636-8181-final-repair.com ☎︎050-3636-8181

東京都青梅市今井1-259-1

​iPhone修理プロ・ファイナルリペア

​iPhoneはApple.incの商標です。当店とは一切関係がございませんが、iPhoneを愛用している民間iPhone修理店です。